水の都の古本展

「水の都の古本展」は平成22年にスタートした新しい古書即売会です。

会場は重要文化財である「大阪市中央公会堂」の展示室。周辺の中之島地区は東洋陶磁美術館や中之島図書館もある文化の香り高いエリアです。「天神さんの古本まつり」とはまた違った、屋内でゆっくりと商品をご覧いただける即売会です。

第1回〜第8回とも多くの古書ファンにお越しいただき、初日の開場前には50名ほどのお客様に並んでいただきました。夕方になってもお勤め帰りのお客様など客足は途絶えることなく、連日盛況のうちにお買い物を楽しみ頂くことができました。

 

「第8回 水の都の古本展」 終了いたしました

・期間:平成29年2月21日(火)~24日(金)
・時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時迄)
・場所:大阪市中央公会堂(2階/第6・7・8会議室)
・参加店:書砦梁山泊、杉本梁江堂、厚生書店、モズブックス、駱駝堂、寸心堂書店、一冊堂
・合同古書目録発行

 

第8回(2017年2月21日(火)~24日(金))の会場風景

このエントリーをはてなブックマークに追加